オールマイティな知識が身に付く

看護師のエキスパート、外来看護師

看護師イメージ

外来看護師は、ある意味、看護師のエキスパートと言ってもいいでしょう。

外来に来る患者は、外傷を負った患者だけではなく、何かしらの病気を患っている患者もいます。
時に外科医、時に内科医、あるいは泌尿器科、神経外科、精神科。
あらゆる状況に応えることが出来るスキルが必要になってきます。

大きな病院になると、様々な専門外来を設けているところもあります。

リウマチ専門外来、花粉症専門外来、喫煙(禁煙)専門外来、睡眠時無呼吸専門外来、乳腺専門外来、肛門専門外来、ドライアイ専門外来、不妊専門外来、ペインクリニックなどがよく知られていると思います。
こういう外来にも、看護師は勤務しますし、勤務するからには疾患や看護のことを勉強するわけです。
師長に配置されて、定期的にいろんな外来を回る看護師もいますので、そうなると様々な外来のスキルが同時に身につくことになります。

そのため、外来看護師として勤務すれば、科を問わず、オールマイティに看護師としての仕事を学ぶことが出来るはずです。
それが外来看護師が看護師のエキスパートと言われる所以と言っても過言ではないでしょう。

求められるスキル

外来看護師は様々なものを学ぶことが出来る反面、外来看護師に求められるスキルも高いものになります。
そのため、外来看護師の採用条件が看護師としての経験年数などを盛り込んでいる職場も少なくはありません。
新卒の新人看護師をいきなり外来看護師として採用するクリニックはほとんどないでしょう。

様々な患者に対するケア、患者や医師、同僚看護師とのコミュニケーション能力、危機管理能力、状況判断能力。
求められるスキルはいずれも高いものになります。
患者に質問されたことに対して、ある程度の見解を述べることが出来る知識なども必要になりますから、どうしても経験が不可欠な要素となるでしょう。

また、大きな病院などになれば、看護師に求められる業務も多くなってきます。
経験を積めば、様々な状況に即座に対応することが出来るスキルも身につくでしょう。
もし、外来看護師への転職を考えている人は、そういったことを知っておくといいでしょう。

それから、外来看護師に求められるのは、効率的な仕事になります。
いかに効率よく動き、診察を円滑にまわすことが出来るか
これらが何よりも重要な要素ですから、外来を全体的に把握し、様々な状況に対応することが出来るスキルを身につけることが何よりも必要です。

知識は外来看護師になった後にいくらでもオールマイティに学ぶことが出来るでしょう。
まずは看護師としての経験を積み、適応力を身につけることが重要でしょう。

このページのトップへ