平均的な月収・年収について

夜勤のない外来看護師の給与

看護師イメージ

不規則な生活や残業が不満で看護師が転職を考えた時、真っ先に思い浮かぶのが外来看護師でしょう。
職場環境も重要ですが、勤務形態が管理しやすい外来看護師は人気の高い仕事でもあります。

ただ、気になるのは収入面になります。
いかに人気が高く、自分にとってメリットの高い業務であっても、給与面で不安を感じるようであれば、自分の生活自体が儘ならなくなってしまいます。

では、夜勤のない外来看護師の年収は、だいたいどのくらいなのでしょうか?

都市部の物価、医療施設の規模などによって多少は変わってきますが、一般的な外来看護師の平均月収は20万~30万程度と言われています。
これは正看護師で常勤として働いている場合で、非常勤、パートになった場合、時給が1000円~1500円程度とされています。

あくまでも平均的な金額ですので、地方によっては、この金額以下と言う場合もあるでしょう。
平均的で現実的な話をするのであれば、月収25万程度が平均的な数字といえます。

平均月収から年収を出す

この平均的な月収から年収を割り出せば、年間の収入、年収は300万ほどと言う事になります。
単純に給料と言う面で考えた場合ですから、正看護師であった場合にはボーナスなどの要素も含まれるでしょうから、一概にこれが絶対的な数字といえるわけではありません。

しかし、一つの基準、平均的な年収として考えるには十分な数字ではないでしょうか。
また、経験年数、勤続年数によっても多少の変動があり、昇給などの見込みもありますから、この年収から上がる可能性は大いにあります。

仮に非常勤、パートでの年収を考えた場合、一日の勤務時間によりますが、一日あたり4時間勤務で6400円。
これを週に3日勤務したとして、19200円。
1ヶ月で76800円となりますから、年収はおよそ92万ほどと言う事になります。
非常勤やパートに関しては、あくまでも予想と範疇になりますので、勤務形態や就業時間によって大きく変動していくようになります。

これらをみれば、外来看護師としての平均的な年収は正看護師で300万ほど、非常勤で100万弱と考えるのが妥当でしょう。

このページのトップへ