外来看護師に求められる事 掲載記事一覧

業務の上で必要な役割
看護師と一言で言っても、様々な業務があります。中でも、病院の顔ともいえるのが、外来看護師です。外来看護師の仕事や役割についてご紹介しています。
個人目標を設定するには
どんな仕事で、どんな業務でも目標が必要になります。看護師の場合、個人目標を自分で設定しますが、目標を立てる前に、看護師の置かれている立場を考え、指標とすると良いでしょう。
定められている配置基準について
その医療施設の顔と言える、外来看護師の募集は少ないです。その理由は様々ですが、外来看護師を目指すのであれば、配置基準を知っておくことが大切です。
具体的な仕事内容
外来看護師は、日勤のみの業務であることから、看護師の中でも人気の高い仕事になります。外来看護師と病棟看護師の仕事内容についての違いをご紹介します。
求められる接遇・姿勢
外来看護師として働くにあたって、接遇についても知っておかなくてはいけません。専門知識を持ちながら、患者の心情を察し、笑顔で接する姿勢が看護師には求められます。
平均的な月収・年収について
外来看護師の仕事は人気が高く、日勤のみと言うことで、メリットの高い業務でもあります。ですが、夜勤がないため、給与の面で差が出てきます。
オールマイティな知識が身に付く
看護師のエキスパートと言える外来看護師は、あらゆる状況に応えられるスキルが必要になります。まずは、様々な状況に対応できるスキルを身に付けることが何より必要です。
クレームに対応するスキル
外来看護師にとって必要なスキルの一つにクレーム処理があります。クレームとして吐き出される患者の不満に対応するのも、外来看護師の重要な業務です。
患者指導も重要な役割
外来看護師は院内の対応だけではなく、診察結果によっては、指導が必要な患者には指導を行うこともあります。必要な医師の指示を、外来患者に解りやすく伝えるスキルが必要になります。
このページのトップへ