救急外来看護師の仕事

救急外来で働く外来看護師

外来看護師といっても、救急外来(緊急外来)の現場で働く場合もあります。

ERなどに憧れたり、身近な方が実際に利用する事があり仕事ぶりに憧れて看護師になった、という方は意外と多いそうです。
一秒を争う容態で搬送されてきたりすることも多く、気を抜くことができない職場といわれる救急外来で働く看護師。

とても忙しいけれど、多くのことが身に付く現場とも言われます。

救急外来看護師の求人は、実際に探してみるとさらに求人数が少なくなりますから、転職を希望される方は複数の人材紹介会社の活用が良いでしょう。

といった転職支援実績も多く、求人数も豊富な人材紹介会社を活用されることをオススメ致します。

救急外来では少ない情報から最大限、身体の状態などを読み取り、症状を的確に判断し医師へ伝える事が重要な役割となります。
忙しい現場となりますし、医師も不足している状況ですから、時によっては医師がいない中で処置を進めることも必要になるでしょう。

外来看護師に求められる事

看護師として様々な領域の知識が必要となり、総合的な判断力なども求められることが多いでしょう。
また、一人では仕事は進められませんから、救急医療の現場で働く他のスタッフと円滑なコミュニケーションを取れる人柄である事も重視されます。

救急外来ではトリアージがとても重要といわれます。
トリアージを行う看護師のことをトリアージナースと言いますが、患者さんの症状を読み取り、優先的に治療を受ける必要がある方の順番を繰り上げるなど、臨機応変な対応が求められます。

経験、知識、判断力など看護師として高い能力が必要とされますから、今まではベテラン看護師や他のスタッフも認めるエース級の看護師がトリアージにあたる事が多くありました。

地方の病院では、重要な判断ということで医師自らがトリアージを行うケースもあると言います。

救急看護認定看護師ができてからは、資格取得者がトリアージナースとして活躍するケースも増えてきています。
参考:認定看護師 | 日本看護協会

救急外来看護師として働くには、後手にまわって動く看護師には厳しい職場、ということがよく言われます。
自分の判断でしっかりと状況判断し、的確に自ら動く看護師が求められている職場となります。

このページのトップへ